vimの便利なPlugin

   2017/05/01

vimには標準的な機能にプラスして、独自機能をPluginとして追加することができます。 開発・運用者は、各種Pluginをインストールすることによって自由に機能追加をしていけます。 ここでは開発・運用者にとって、作業効率を上げられる便利なPluginを紹介していきます。

vimのplugin

Pluginは、vimを更に便利にしてくれる拡張プログラムです。インストールするには、ダウンロードしてきたプラグインファイルをruntimepathで指定されたディレクトリに配置する必要があります。通常は、$~/.vim/ が配置先です。調べ方は、:help runtimepath 。このコマンドで表示されるディレクトリの順番でPluginファイルが読み込まれます。

Unix:“$HOME/.vim,
$VIM/vimfiles,
$VIMRUNTIME,
$VIM/vimfiles/after,
$HOME/.vim/after”
Amiga: “home:vimfiles,
$VIM/vimfiles,
$VIMRUNTIME,
$VIM/vimfiles/after,
home:vimfiles/after”
PC, OS/2: “$HOME/vimfiles,
$VIM/vimfiles,
$VIMRUNTIME,
$VIM/vimfiles/after,
$HOME/vimfiles/after”
Macintosh: “$VIM:vimfiles,
$VIMRUNTIME,
$VIM:vimfiles:after”
RISC-OS: “Choices:vimfiles,
$VIMRUNTIME,
Choices:vimfiles/after”
VMS: “sys$login:vimfiles,
$VIM/vimfiles,
$VIMRUNTIME,
$VIM/vimfiles/after,
sys$login:vimfiles/after”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら