vimの便利なPlugin(その11)taglist.vim ctags

   2017/05/01

Taglist Pluginは、vimでソースコードの概要を構造的に分かりやすく表示するPluginです。Taglistは、関数やクラス、変数、構造体、列挙型やマクロ定義などをまとめてvimウィンドウ上に表示してくれます。表示された関数やクラスをセレクトするだけで、定義があるファイルへ飛んでくれます。 Eclipse等のIDEには、当たりまえの様にある機能をvim上で実現します。ここでは、以下の環境での使用を前提にしています。

  • CentOS6.8 x86_64
  • vim7.4

Install

今回もdein.vimを前提とさせていただきます。 まだ、dein.vimを使っていない方は(その5)から。

.vimrcに以下の行を追加します。

call dein#add('vim-scripts/taglist.vim')

これで「:call dein#install()」をコマンドラインモードで実行すればインストールは終了。

また、ctagsが必須ですのでまだインストールされていない場合は、yumでインストール。

# yum install ctags

使い方

開発中のソースツリーの直下で、まずtagsファイルを作成します。以下のコマンドを実行した直下にtagsファイルができていると思います。

$ ctags -R

サンプルとしてwordpressのソースファイル(php)を全てvim上で開いてみます。(:args **/*.php) ファイルが開けたらExモードで :TlistOpenと入力してエンター。 ソースコードが多いと少し開くのに時間が掛かりますが、以下の様に左ウィンドウに関数やclassなどがソースコードファイル毎にリスト表示されます。

taglist_open_file

左ウィンドウで関数名などにカーソルを持っていきエンターを押すと、右ウィンドウで関数があるファイルが表示されます。 私は、.vimrcに以下を追加して \  t と入力するだけでtaglistウィンドウが開くようにしています。

nnoremap <silent> <leader>t :TlistOpen<CR>

便利なコマンドリストは以下。 詳細はヘルプメニューを参照のこと。

<CR> カーソルの下にあるtagの場所にジャンプ
o カーソルの下にあるtagの場所に新たなウィンドウを開いてジャンプ
u taglistのウィンドウを更新
s taglistの並び順をソート。
d カーソルの下にあるtagを削除
x taglist表示のズームイン、ズームアウト
+ taglistウィンドウ内グループの「折りたたみ」オープン
 – taglistウィンドウ内グループの「折りたたみ」クローズ
* taglistウィンドウ内グループの「折りたたみ」全オープン
= taglistウィンドウ内グループの「折りたたみ」全クローズ
q taglistウィンドウクローズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら