C++ドキュメントをcppmanとvimでシームレス表示

   2017/04/30

私は、vimでC++のコードを書きます。私のようにC++でコードを書いている方は、関数の定義や使い方を調べるときどうされているでしょうか? googleで検索してサンプルを探したり、cppreference のようなサイトを参考にしているのではないでしょうか? 今回は、C++ドキュメントを表示するcppmanと、ページャとしてvimからの利用方法を紹介します。 前提とする環境は以下となります。

  • CentOS6.8 x86_64
  • vim-7.4
  • python3.3.3
  • cppman Ver 0.4.8

Install

cppmanは、python3以上がインストールされていることが前提となります。 pythonは、CentOS6だとpytho2.6、CentOS7でもpython2.7が標準で入っています。調べてみるとこれらをアップグレードするのは、お勧めできないらしいので、python3.3.3のソースをダウンロードしてきて自分の環境でコンパイルしてみます。 まずは、必要パッケージのインストールから。 openssl-devel、sqlite-devel、gccが入ってなければインストールしておきます。

# yum install openssl-devel
# yum install sqlite-devel
# yum install gcc

python3.3.3のソースをダウンロード。

wget https://www.python.org/ftp/python/3.3.3/Python-3.3.3.tgz

ダウンロードしたファイルを解凍してコンパイルし、インストールします。 インストール先は/usr/local/python3にしていますが、お好みのパスを指定して下さい。

tar xvf Python-3.3.3.tgz
cd Python-3.3.3
./configure –prefix=/usr/local/python3
make
sudo make altinstall

cppmanをインストールするのに、pipを使ってみます。 まずは、pipをインストール。

wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
sudo /usr/local/python3/bin/python3.3 ./get-pip.py

はまった点、、、以下の様なSSL周りの検証エラーが出て困りました。

Collecting pip
  Could not fetch URL https://pypi.python.org/simple/pip/: There was a problem confirming the ssl certificate: [SSL: CERTIFICATE_VERIFY_FAILED] certificate verify failed (_ssl.c:550) – skipping
  Could not find a version that satisfies the requirement pip (from versions: )
No matching distribution found for pip

よく調べてみると、サーバの時刻が大きくずれていたためのエラーでした。時刻を合わせたら、さっくりインストールできた。 pipがインストールできたので、それを使ってcppmanをインストール。

sudo /usr/local/python3/bin/pip3.3 install cppman

以上でインストール終了です。

使い方

.vimrcに以下の行を設定してみます。

autocmd FileType cpp set keywordprg=/usr/local/python3/bin/cppman

C++のファイルをvimで開いて関数などの上にカーソルを置き、Shift と k キーをおすとcppmanにカーソルの下にあるワードに対するドキュメントが存在すればそれを表示します。

サンプルC++ファイルをvimで開く。

std::endlのところにカーソルを持っていき、Shiftとk キーを押す。

 

するとcppmanのstdinのドキュメントが表示されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら